いわてピュアモールのぶろぐ。

Copyright (c) 2007 pureiwate.com

いわてピュアモール 人気ブログランキング CLICK!

2007年11月14日(水)

三陸あわびを喰らう・その2「あわびカレー」 [ピュアモール管理人]

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

あわびカレー

 「ほら食えや」。

 何気なく日ごろから話している漁師さんが、こんな感じで年に一度突然持ってくる「あわびカレー」。

 あわびを喰らうの第2段は「あわびカレー」です。はっきりいってそんじゃそこらのカレーじゃないですよ。


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

あわびがごろごろ入っているあわびカレー

 「一人あたりあわび●切れ」なんて話じゃありません。
 にんじんよりあわびのほうが多い。はっきりいって、ギャグですよ、これ。
 毎年恒例になっている漁師さんからの究極のおすそわけです。

 一年に一度の大イベントになってます。これ、毎日食べるものではありません。年に一度だからこそ、余計に強烈なインパクトがあるカレーです。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

あわびカレーをもってきた漁師さん

 このときばかりは、何気なく気さくに話している漁師さんも、輝いてみえます。お調子者な言動ですが、お調子者でいいです。あわびカレーが食べられれば。

 あわびがこれだけ入っているとどんな味するんだ?って思うでしょ?これ、あわびの味がカレーに面白い作用を引き起こします。甘くなるんです。

 去年、中辛ルーで作ってもらったのですが、「●の王子様」(お子様用甘口カレー)と思うくらいに甘くなります。これ旨かったです。が、「カレーは辛い」。こんな定理(?)の元、今年は辛口ルーで作ったようなのですが・・・

 中辛のほうがうまかった・・・

 さすがにあわびがこれだけ入ると、ルーの辛味とあわびの甘味が中和してしまい、普通のカレーになってました。(もらったくせに図々しいこというかもしれませんが、本人から言い出したことなので、ご愛敬です)

 来年は、中辛でお願いします。(来年、あわびがたくさん採れますように。)

Posted by いわてピュアモール管理者 at 11時11分   パーマリンク

2007年11月12日(月)

さんま天日干しを食べました!! [三陸の食卓をおすそわけ実行委員会]

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

焼いたさんま天日干し

先日、このブログで紹介されたサンマの天日干しを試食にちょっといただき、家族で食べました。
塩加減も絶妙で、子供たちも骨まで食べてしまいました。
ご飯も進みました。この後のお酒も楽しみです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

骨まで食べました

「ただいま〜、フウーッ」と仕事で疲れたと言わんばかりのため息。。
「お疲れ様!どうぞ」
香ばしいかおりと共にお酒と一緒にだされた肴に
「おォッ」「最高だね!美味しいっ」  の言葉

〜奥様談〜


※※※管理者からのお知らせ※※※

こちらの商品は、イベントでお買い求めいただけます

 去る11月24日(土)〜26日(月)の期間に、東京銀座(歌舞伎座の目の前)にある「銀河プラザ」(岩手県アンテナショップ)で、毎年恒例になっています「三陸の食卓をおすそわけ」(詳細はこちら)というイベントで、三陸の旬な食材を即販しております。

 今回のイベントの目玉「産直ブース」を設け、こちらで紹介の「さんまの天日干し」をお求めやすい価格でご提供させていただく予定です。

 どうぞ、お近くの方はお気軽にお越しくださいませ。

Posted by 三陸の食卓をおすそわけ実行委員会 satukai at 20時11分   パーマリンク

2007年11月10日(土)

三陸あわびを喰らう [ピュアモール管理人]

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

豪快に焼く三陸あわび

 あわびって生のままだとコリコリしてるんです。でもこれ、火を入れるととたんに柔らかくなるんです。自分は柔らかいあわびの方が好きなので、生より、火を入れて柔らかくして食べております。
 火を入れるといっても、蒸したり、フライパンで火をとおすとかしていたんですけど、今回は直接火の上にのせてみました。そう、焼きです。えっ?勿体つけたわりにゃそんなんかって?いやいや奥さま、これが一番美味しい食べ方なんですと。お魚扱って5年経ちますが、はじめて知りました。教えてくれた人は、今日まで教えてくれませんでした。いけずぅです。
 焼きあがる直前に、八木澤商店の生揚醤油をあわびに少量たらして、少し火をとおして食します。(醤油はかけ過ぎないでね)

 焼いたときの写真、載せますね。火、強すぎですか・・??

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

ぐつぐつ焼けてきた三陸あわび

 このときのあわびって、悶えてるんです。動画でお見せすればよかったと、いまごろ思っても遅いですね・・。そうです、活きたまま火にのせております。酷でしょうか?でも、活き活きのあわびを火にかけて食べなきゃおいしくないって言われたので。

 感想?そんな野暮なこと聞くんですかぁ・・?
 そりゃうまいですよ。

 あわびって、昆布を食べて成長しているんです。だからあわびの味をおおざっぱに言えば、昆布の味しているはずです。三陸は、わかめの生産では国内でもトップクラス。だから、海藻類が育つ環境は適していて、昆布も必然的にトップクラスになります。その昆布を食べているので、三陸のあわびはトップクラスなんですよぉ。奥様知ってらっしゃいました?

 うんちくはいいですね。では、ちゃんとした焼きあわびの感想でも。

 まずは食感、もちもちなんです。そして味、生揚醤油は醤油のいい香りが程よくて、これを焼き上げ直前にかけた魚介は一層おいしさを増します。だから、昆布を一生懸命食べて育ってくれたあわびですから、醤油の香ばしい香りといっしょに口の中でいっぱいに広がり、超絶妙な旨味でございます。

 魚介は、生で食べられるものを焼きで食べるのが自分の中の定説です。そして味付は「塩」「醤油」「味塩コショウ←?」。これ以上の味付けは、かえって損する感じです。「焼きを極める」はひとつの基本理念にブログアップしますので、ご期待ください。

Posted by いわてピュアモール管理者 at 09時29分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

りんどう「あおこりん」 広沢園芸

りんどう「あおこりん」 広沢園芸

道の駅「高田松原」

道の駅「高田松原」

【お知らせ】けせんしかカレー県民会館で販売

【お知らせ】けせんしかカレー県民会館で販売

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 http://www.pureiwate.com/ All rights reserved.