いわてピュアモールのブログ

Copyright (c) 2007 pureiwate.com

2007年10月31日(水)

閑董院宥健尊師堂 [三陸の食卓をおすそわけ実行委員会]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

閑董院宥健尊師堂

 陸前高田市矢作町二又に在ります、閑董院宥健尊師堂かんとういんゆうげんやくしどう)です。

 讃岐国(香川県)出身の宥健法印は12歳で高野山に入門剃髪し奥州路に、しゃく)を進めて矢作村に開山。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 ところが元和6年(1620)、この地に疫病が流行すると宥健法印は岩洞に入り、五穀を絶って断食をし、即身成仏(現在の身体のままで仏となること)した。

 すると、あれほど猛威をふるった疫病は消滅し、矢作の里に再び平穏がもどったという。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

唐獅子

 総ケヤキ造りで彫刻が施されています。
彫刻は山形県の彫刻家が担当したそうです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

鳳凰

鳳凰に龍に獅子!
向かうところ敵なしの彫刻達です。細かい細工で迫力があります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

六角堂

 渡り廊下の奥には、石垣の上に造られた六角堂があります。
 渡り廊下は、紅葉した葉が散りばめられて、情緒があります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

秋色紫陽花と沢

 六角堂の裏には、小さな沢が流れていました。

古い木の匂いと、しっとりとした秋の風情。

 宥健法印の居た頃から、この沢は流れていたのかな…と思いを馳せてみたりして。


Posted by 三陸の食卓をおすそわけ実行委員会 tomo at 22時58分

トラックバック

トラックバックURL

http://www.pureiwate.com/blog/tb.php?ID=41

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PHOTO

一足遅れて鮭の回帰が始まっています。

一足遅れて鮭の回帰が始まっています。

花いっぱいの唐丹駅

花いっぱいの唐丹駅

銀座GINZAぎんざ〜

銀座GINZAぎんざ〜

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 http://www.pureiwate.com/ All rights reserved.